辻 整形外科

大阪市 住吉区 苅田5-6-11
tel.06-6608-1351

アドバイス

ばね指(弾発指)


● 症状と原因 ●
指には腱(けん)というヒモがあり、それによって指の曲げ伸ばしをすることが出来ます。 さらに屈筋腱には、腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)というトンネルがあります。

  ばね指説明、腱の構造のイラスト

屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、 指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。

ばね指説明、原因のイラスト ばね指説明、主に妊娠時、産後や更年期の女性に多いのイラスト ばね指説明、右手の母指に最も多く発生のイラスト

● 病態 ●
腱鞘と腱が引っかかるようになるのは、指の使いすぎによる刺激のため腱鞘が肥厚したり、腱が肥大硬化したりして、そのために一層刺激が強くなるといった悪循環を生じるためだと考えられています。

ばね指説明、原因に指の使い過ぎが多いのイラスト ばね指説明、原因のメカニズムのイラスト

● 治療 ●
保存的療法
局所の安静で刺激を少なくしましょう。時には副木を当てて固定することがあります。

ばね指説明、治療法局所の安静で刺激を少なくのイラスト

腱鞘内に局麻剤入りステロイド注射をして、 症状を押さえます。

ばね指説明、治療法ステロイド駐車をするのイラスト

手術療法
保存的療法で治らないときや曲がったままうごかないときなどに行います。
切離するのは腱鞘の一部だけです。  小さな傷で済みます。

ばね指説明、治療法手術療法のイラスト

日本手の外科学会転載許可済
トップページ へ アドバイス へ ばね指 へ
ページのトップへ戻る