辻 整形外科

大阪市 住吉区 苅田5-6-11
tel.06-6608-1351

アドバイス

爪甲周囲炎(そうこうしゅういえん)


● 症状 ●
急性炎症では爪の周囲の痛み、発赤、はれがあり、進行すると膿がたまります。 ずきずきする痛みのこともあります。

爪甲周囲炎の説明、症状のイラスト 爪甲周囲炎の説明、症状のイラスト


● 原因・病態 ●
爪甲周囲炎は、ささくれ(さかむけ)、ふかづめ、陥入爪、マニキュア、爪を噛むくせなどの原因で化膿菌が侵入して発生し、爪の根もとに向かって化膿が進んでいきます。 (この他にも、指先の腹側が化膿するひょう疽という病態があります。)

爪甲周囲炎の説明、化膿の拡がりのイラスト 爪甲周囲炎の説明、化膿の拡がりのイラスト


● 診断 ●
爪の側面、爪の付け根の痛み、発赤、はれがあらわれ、進行すると膿がたまって黄色くなります。 爪の下に膿がたまることもあります。

爪甲周囲炎の説明、診断のイラスト


● 治療 ●
初期には抗生物質と冷湿布で治療します。膿がたまっているときは、切開します。爪の下にまで膿がたまっていれば、爪を切除して膿を出す必要があります。

爪甲周囲炎の説明、切開して膿を出すのイラスト 爪甲周囲炎の説明、部分的に詰めを切除して膿を出すのイラスト

日本手の外科学会転載許可済
トップページ へ アドバイス へ 爪甲周囲炎 へ
ページのトップへ戻る